BMIの理想の数値とはどのくらい?

BMIとは肥満度を表す指標のことで理想の数値は18.5以上25未満です。
BMIの数値は体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割ったもので、体重と身長がわかれば簡単に計算することができます。
計算するのが面倒であれば、インターネットで検索すれば、自動計算してくれるホームページを見つけることができます。
理想の数値の範囲内が普通体重といわれ、それ以下であればやせ過ぎとなります。
普段の生活においてカロリー摂取とカロリー消費のバランスを心掛け、体重を増やす必要があります。
それ以上であれば、肥満となり、40以上になると超肥満となります。
ダイエットして体重を減らさなければいけません。
ちなみに、WHO(世界保健機構)の基準では30以上が肥満と定められています。
日本ではBMIが22の時が病気に最もかかりにくい状態とされているので、身長(メートル)の2乗に22を掛けた数値が理想の体重ということになります。
ただし、注意することは、BMIと内臓脂肪の蓄積には関連性があるわけではありません。
BMIが理想の数値だからといって、メタボリックシンドロームの可能性は低いといえますが、メタボリックシンドロームでないと判断することはできません。

 

 

男性と女性のBMIの平均値は?

健康のバロメータでもあるBMIの、男性と女性の平均値はどれくらいなのでしょうか。
BMIとはボディマス指数というもので、体重と身長の関係から導き出す体格の指数です。
BMIをはかるために特別な測定器を使う必要はなく、自分の身長さえわかっていれば、家庭にある体重計のみで、算出することができます。
この指数を知ることで、肥満度や自分がどれくらいの位置にいるのかということもわかるので、計算して確かめてみるとよいでしょう。
健康的な指数であれば、それをこれからも維持していくことに努め、健康的な指数から外れているようであれば、平均となる数値に近づけるよう、努力をする必要があるとわかります。
BMIは体重÷(身長×身長)で数値を算出することができます。
この計算をする時には、体重の値はキログラム、身長はメートルに変換して計算するようにしましょう。
判定基準としては22が標準の平均となっています。
しかし、この数値は身長が高ければ高いほど、高い数値が出てしまう特徴があります。
そのため、背が高く筋肉質である男性の場合にはこの数値は不利であるといえます。
またモデルのような体型の女性も、高めの数値が出る傾向にあります。
また、男性よりも女性の方が体内に含まれる水分量が多いので、BMIで比較するには限界もあるのです。

 

 

高齢者の基準値はどのくらい?

高齢になってくると、自分の健康のことを第一に考えた生活を送るようにしなくてはなりません。
一人暮らしをしている高齢者が体が弱ってきてしまえば、一人で生活をしていくことが出来ませんし、買い物に行く事さえもままならなくなってしまいますので、生活が破たんしてしまうことになります。
健康を考えるうえで参考にしたいものとしてはBMIがありますが、高齢者が基準値から離れた値になっている場合には健康にどのような影響が出てくるようになるのでしょうか。
基準値から太っているのは体に良くないと考えやすくなりますが、痩せているのはどうでしょうか。
若いころには少しでも痩せたいとダイエットを頑張っていた人も、高齢者になってくると、BMIが少なすぎるのはよくありません。
BMIの値が基準値から低い場合には、病気にかかる可能性が増えてくる危険性がありますので、出来るだけやせすぎないようにしなくてはならないのです。
太り過ぎはよくないと考えて痩せようと努力するのはいいですが、必要以上に痩せすぎてしまえば、逆に病気への危険性を高めることになってしまいますので、BMIの値が出来るだけ基準値の範囲で収まるように調整していかなくてはなりません。

 

 

BMI計算のやり方の例はある?

BMIを計算するやり方の例は簡単です。
身長はセンチメートルではなくメートルを単位として、体重(Kg)を身長(m)の2乗で割ると数値を割り出すことができます。
身長170センチメートルで体重60キロの人を例にしたやり方でBMIを計算すると、20.76という数値が出ます。
算出された数値が18.5未満だと痩せていることになり、18.5〜25だと標準的な体型で、25以上になると太り気味と設定されています。
25以上でも25〜30未満なら肥満度1、30〜35未満は肥満度2、35〜40未満だと肥満度3、40以上になると肥満度4となっているので、25を超えてしまうといきなり太りすぎなのでダイエットをしなければいけないというわけではありません。
BMI計算のやり方の例を覚えておくと、いつでも自分の身長と体重を使って肥満指数を測定することができるので、ダイエットをするときの基準にしたり、メタボにならないように食生活を見直したいときなどに役立ちます。
自分で割り算をしなくても自動的に数値を出すことができるサイトもあり、会社や学校の健康診断でも割り出してもらえることがあるので、定期的にBMIを計算してみて自分の体型を把握してみましょう。

 

 

BMIと体脂肪の違いと単位について

健康の目安とか太りすぎでないかというようなときには、BMI数値や体脂肪数値を気にしますが、それぞれ違いがあるので、そのことをきちんと承知しておくことと、それぞれの単位を理解し、対応することがとても重要となります。
BMIとはBODY MASS INDEXの頭文字をとったもので、体重(s)÷(身長(m)×身長(m))で計算します。
間違いやすいのは身長の単位ですが、mですから、普通は「1.7とか1.8」というくらいであることです。
そして18.5未満であれば低体重、18.5以上25未満を普通体重、25以上を肥満と定義されています。
肥満は生活習慣病などに悪い影響を与えるので、少なくとも普通体重を保つことが重要です。
でも、BMI数値と違い、体脂肪ということについても承知しておく必要があります。
普通体重であっても隠れ肥満ということもあるからです。
特にお腹がポッコリしてきたという人は、内臓脂肪が多くなったということも考えられます。
体脂肪は、通常体重計などと一緒になった体脂肪計で測定しますが、単位は%で身体の中に占める脂肪の割合ということになります。
男性は20%以上、女性は30%以上で肥満と診断されます。
BMI値と体脂肪率の両方が標準数値に中にあることが、健康を保つ一つの条件となるので注意と対策が必要です。

 

 

関連サイトの紹介

BMIについて色々と紹介していきました。
もしあなたがBMIが気になっているなら、食生活や運動など見直す必要もあるかもしれません。
そういったことをしていく中で、様々な変化から便秘になってしまうということも。
そういう状況になったら、お通じを改善する方法についての紹介しているサイトを見てみると良いですね。

 

ところで、炭の効果って、美容やデトックスにも効くのでしょうか。

 

美容やデトックスの効果がある炭の存在を知っていますか。炭というと昔から燃料として使われてきました。
今でもバーベキューや焼鳥屋など、炭で焼いた食べ物は遠赤外線効果で美味しく仕上がります。
また消臭効果も知られているので、冷蔵庫の臭い消しや押し入れなどの臭いや水分をとってくれるなど、生活に密着した自然のアイテムです。
また水の中に入れておくとカルキ臭や化学物質を取り除いてくれて、ミネラル分が溶けだすので美味しいミネラル水をつくることにも利用できます。
さらに、最近では食べることができる活性炭が美容やデトックスに効果があると注目を集めています。
活性炭は食べられる炭なので安全で、食物繊維を豊富に含んでいるので腸内環境を整えてくれるという働きがあります。

 

参考サイト:炭の効果って、美容やデトックスにも効く

 

炭も、BMIとの関連があるのでしょうか?